最終話 クライマックスは続くよどこまでも

昔、戦隊モノの元祖、ゴレンジャーでラグビーボールを5人のレンジャーがそれぞれ蹴パスして最後に赤レンジャーがシュートする形で敵をやっつける必殺技がありました。なぜ、パスすることで必殺技になるのか全然理解できませんでしたが、それをまた電王の最終回で見る事になるとは思いませんでした。
 桜井さんは岡野友信さんだったんですね。

□あれあれ
・最終回なのにハナ(白鳥百合子さん)は登場せずですか。
・最終回なのにデンライナーの戦闘モードなしですか。
・カイ(石黒英雄さん)にコハナ(松元環季さん)の正体を話した理由が理解できない。

□野上愛理(松本若菜さん)の言葉
・「守れたのね、私達の未来。分かってる。いつか、きっと・・・。」
  →・・・。

□野上良太郎(佐藤健さん)の言葉
・「ありがとう。」
  →・・・。

□桜井侑斗(中村優一さん)の言葉
・「デネブ、お前!シイタケ入れるなぁ!」
  →・・・。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (11)

第48話 ウラ腹な別れ…

愛理さんに赤ちゃん!?ショック!!でもでもでもでも、そんなの関係ねぇ!って小島よしお張りのギャグで頭を切り替えて・・・。
 で、その赤ちゃんは何処へ?って考えた場合に、消去法で考えるとハナになるよね?

□あれあれ
・デンライナーから降ろされて、「あれ何で実体化してるの?」って、言葉に「今はそんなこと言っている場合じゃねぇ!」って、誤魔化すにも程があるよ。

□野上愛理(松本若菜さん)の言葉
・「忘れなきゃいけないから、未来を守るために、この子も侑斗のことも・・・。」
  →シリアスな愛理さんも素敵です。

□野上良太郎(佐藤健さん)の言葉
・「皆おかしいよ。ウラタロスと一緒にいた間のこと忘れちゃった?僕は覚えているよ。全部。ずっと一緒に戦ってきたこと・・・。だから心配していない。」
  →もし、そこまで信用することができるのなら、凄いの一言ですね。

□桜井侑斗(中村優一さん)の言葉
・「デネブ、ここは任せる。絶対に中に入れるな!」
  →弁慶の立ち往生になりそう?

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (17)

第47話 俺の最期にお前が泣いた

氷川神社での良太郎のコケ方、下手な芸人さんよりgoodです。

□あれあれ
・良太郎と侑斗さぁ。いくらなんでも紋付袴の下に普段着を着ているってことないでしょう?
・キンタロスとさよならですか?ライナーフォームでのデンカメンソード@キンタロスモードを一度も見せませんでしたねぇ。

□野上愛理(松本若菜さん)の言葉
・「おめでとうございます。今年も宜しくお願いします。」
  →着物姿の愛理さんも素敵です。

□野上良太郎(佐藤健さん)の言葉
・「過去も今も未来も守りきって、姉さんと桜井さんに思いっきり文句言ってやろうよ。」
  →前向きですなぁ。

□桜井侑斗(中村優一さん)の言葉
・「どっちかが残るなら俺だ。もうカードが残り少ない。」
  →で、後何枚カードが残っているのかな?

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (18)

第46話 今明かす愛と理(ことわり)

オープニング映像がクリスマスヴァージョン(?)でしたが、オープニングテーマが元に戻りましたね。

□あれあれ
・”カギ”が侑斗じゃないって思われた切欠が、侑斗ではなく良太郎を庇ったことだったのに、それがなぜ”カギ”が愛理さんなんだろう?訳が判らないよ!!!

□野上愛理(松本若菜さん)の言葉
・「消えた未来をもう一度私達の時間につなげないと未来も過去も今も時間は人がちょっとづつ刻んでいく大切な記憶だから、だけど・・・。ごめんなさい。きっと沢山辛い思いをさせている。本当に沢山・・・。」
  →シリアスな愛理さんも素敵です。

□野上良太郎(佐藤健さん)の言葉
・「仲間がいるんだ。」
  →そうりゃあ、この言葉を聞いたらモモタロス達は喜ぶよぉ!

□桜井侑斗(中村優一さん)の言葉
・「今が何でも無いんだから修復されたんだろう?まぁ、あれだけでかい破壊だとかなりやばかったんだろうけど・・・。過去の影響を受けない特異点が、先の時間に存在していれば、その記憶が支点となって繋がっていく。つまり、お前の記憶だ。」
  →ホントなんだかよく分かりません。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (19)

第45話 甦る空白の一日

「未来はきっと・・・」って何よ?

□あれあれ
・ナオミの踊る前と踊った後の対比が面白いですね。
・「モモタロスのあたまがよくなりますように」って、確かに難題かも?
・宅急便の伝票に書かれていた住所(東京都中野区東中野6-5-3)だけど、第一話でサイフに付いていたタグの住所と違うのはナゼ?

□野上愛理(松本若菜さん)の言葉
・「侑斗と一つづつ。生活が新しくなるんだから、時間も新しくするの。なんかいいでしょう!?」
  →何か話し方が、最近の愛理さんと違うかな?話すスピードも少し速いし。

□野上良太郎(佐藤健さん)の言葉
・「変だよこれ、凄く狭い範囲で僕の記憶が飛んでる。」
  →オイラはよくありますよ。

□桜井侑斗(中村優一さん)の言葉
・「なんでもいい、とにかく行くな!」
  →侑斗は、お笑いの基本を知らないね。そう言われて行かない奴はいないよ。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (16)

第44話 決意のシングルアクション

どうもストーリが分かりにくいです。理解の範疇を超えています。単純な内容を難しく難しくしているだけでは?と思っています。

□あれあれ
・いつも力技のモモタロスが、かなり良いこと言っていましたね!ガラじゃないような気がします。

□野上愛理(松本若菜さん)の言葉
・「変わって欲しくないって思う位、その人たちとの今が大切になっているのよね。だから・・・、辛いわねぇ。」
  →なんだかんだ言って愛理さんは優しいなぁ。

□野上良太郎(佐藤健さん)の言葉
・「モモタロス達が消えるかもしれないのに、僕はこの時間を守ろうって思っている。」
  →仲間も守りたい、時間も守りたい。この2つが矛盾しているとは思えないけどなぁ?

□桜井侑斗(中村優一さん)の言葉
・「答えは出たみたいだな。」
  →保護者的な発言だね。やっぱり義兄としての発言か?

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (14)

第43話 サムシング・ミッシング

分岐点のカギは実は良太郎ってことを匂わせている訳ですね。桜井さんは良太郎を庇う為に、良太郎にニセの記憶を植え付けて、時間を逃げ回っているってことか?

□あれあれ
・チョモランマをも制する神のスプーンセット?

□野上愛理(松本若菜さん)の言葉
・「・・・」
  →残念、出演なしでした。

□野上良太郎(佐藤健さん)の言葉
・「一緒に戦う訳にはいかないと思った。」
  →ってイマジンに殺されたり、時間を奪われる人間はどうするんだい?

□桜井侑斗(中村優一さん)の言葉
・「もっと早く決めろ!」
  →デネブとは一心一体なんだねぇ。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (23)

第42話 想い出アップデート

男は中身(キンタロス)→それは幻想(ナオミ)、これが現実?
真っ直ぐな瞳で見つめられるとどうしていいか分からなくなることってありますよね。


□あれあれ
・病院の庭でサナギを見つけた日?って覚えているもんなのかね?彼女の病気のことを考慮したとしても、現象を記憶していたとしても日付までは覚えていないでしょう?

□野上愛理(松本若菜さん)の言葉
・「自分でも書いた覚えないんです。ただ、完成させなきゃいけないって、いつか飲んでもらわなきゃって、不思議なんですけど・・・」
  →記憶とかじゃなくて何かがつながっているのかなぁ?

□野上良太郎(佐藤健さん)の言葉
・「オーナーは人の記憶は強くて脆いって言ってたけど、僕は強いと思う。姉さんは思い出すよ。」
  →信じる者は救われるって言うけど、既に断定しているところが良太郎らしいです。

□桜井侑斗(中村優一さん)の言葉
・「デネブ、俺は決めたんだ。だから、お前も・・・。」
  →可哀想って感じがしますが、それを救っているのがやはり愛理さんなんですね。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (20)

第41話 キャンディ・スキャンダル

女子高生の妄想は、イマジンの存在や声も消すパワーがあるんだねぇ!

□あれあれ
・急な坂道のひったくりですが、冷静に考えて逃げる方向は登りじゃなく降りに逃げた方がいいんじゃないの?
・飴ちゃんをあんなに持っているデネブは、大阪のおばちゃん?
・ドキドキ仮装ツアー、いいよ。最高だよ。
・デネブ!キャンディを名前を言いながら配るのはいいけど、選挙期間中なら逮捕されるよ。

□野上愛理(松本若菜さん)の言葉
・「あのぉ?お名前をお伺いしても・・・」
  →時間がゆっくり流れていますねぇ。

□野上良太郎(佐藤健さん)の言葉
・「ずっと考えていたんだ、君と桜井さんがやっていることは矛盾しているって」
  →良太郎って頭いいね。全然、そんなこと考えたことないよ。
・「カイは桜井さんを殺そうとしている。桜井さんは未来への分岐点の鍵になるって言ってた。だから、桜井さんは時間の中を逃げてるんだ。過去の自分にゼロノスのカードとデネブを託して、ここまで合っているいるよね?でも、カードを使うたびに桜井さんの記憶を消してたら桜井さんの存在が消えるかもしれない。つまり、君や桜井さんがやっていることはカイと同じってことになる。まさか、最初からそれが目的で?」
  →いやー、長台詞よく覚えたねぇ!それと、これまでのストーリーのまとめになっていてgoodです。

□桜井侑斗(中村優一さん)の言葉
・「俺は自分を消すために戦ったりしない、ただ未来を消さないためにやらなきゃいけないことをやっている。」
  →行動はお笑いだけど、台詞はシリアス。なんじゃぁ?

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (15)

第40話 チェンジ・イマジン・ワールド

一週休みだったので回想を入念に行って、しかもオープニングの曲も皆で歌っちゃてどうした訳?
オーナー(石丸謙二郎さん)の言葉「人の記憶こそが時間なんですから」って、これって何も電王の世界だけの話じゃないよね?

□あれあれ
・スネールイマジンが過去に飛んだ直後に、ダムの欄干に火花が。そして、ハナと良太郎が直ぐにしゃがんで防御姿勢。しかし、侑斗はワンテンポ遅れてしゃがんでした。もしかして運動神経が鈍い?

□野上愛理(松本若菜さん)の言葉
・「いつもどうも」
  →「いらっしゃいませ」じゃないんだ?。

□野上良太郎(佐藤健さん)の言葉
・「姉さんがあんな風に笑うの久しぶりに見たよ。結構笑い上戸だったのを忘れてた。桜井さんの事を忘れてた時でもあんな風には笑ってなかったし、今の姉さんは幸せなんだと思う。でも、それでもこのこの時間がうまくいっているとは思えないよ。カイ。」
  →晴れ続くこともないけど、雨が降り続くこともない。だから、人生が面白いのかもしれませんね。

□桜井侑斗(中村優一さん)の言葉
・「いいけど、お前元に戻れるんだよな?」
  →って、デネブがデネビックバスターって奴にどの時点で変身したんだろう?

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (18)

より以前の記事一覧