現代の相撲

この表紙の写真って、悪意を感じませんか?
 オイラの目には、イヤイヤですがキスしているように見えます。
Img_6826_copy


| | コメント (0) | トラックバック (0)

エーゲ海の頂に立つ

エーゲ海の頂に立つ(著者:真保裕一)を読みました。小説と思って買ったのですが、エッセーでした。しかし、かなり興味深く読むことができました。エーゲ海に浮かぶクレタ島に標高2500mもの山や渓谷があってそこを歩いた著者の気持ちがよく描かれていると思います。ちなみに、それを著者が登る姿をNHKがTV撮影した番組が放送されていたそうです。見たかったなぁ!
「トレッキング エッセイ紀行 紺碧に浮かぶ古代の大自然を求めて ギリシャ・クレタ島」BS2 2004.1.25放送

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オルファクトグラム

オルファクトグラム(上・下)著者:井上夢人を読みました。

 この小説は頭を殴られて、脳に損傷を受けて視覚と嗅覚が連携してしまう主人公が、自分自身を傷つけ姉や親友を殺した犯人を追い詰める内容です。
 しかし、オイラはその犯罪モノとしての小説というよりも臭いを色やその色の濃さや形で臭いを表現したことに喝采を送りたくなりました。臭いって、”くさい”、”いいにおい”程度しか表現しないオイラにとって、小説とはいえこの考えは画期的でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パワー・オフ

久々の読書ものの投稿になってしまった。でも、この間、何も読書していなかった訳ではないんですよ。ただ、面倒だっただけです。

 と言うことで、「パワー・オフ」(著:井上夢人)を読みました。時代背景は20年前位かなぁ?パソコン通信の頃だもんなぁ?あの頃、ウィルスとかセキュリティとか殆ど意識していなかったなぁ?モデムのスピードが1200bpsとか2400bpsとかだったよなぁ?AIなんて意識すらしていなかったよなぁ?って、懐かしい気分にさせられた著書でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四日間の奇蹟

「四日間の奇蹟」(著者:浅倉卓弥さん)を読みました。

 「奇蹟」や「ミステリー」と言う観点で読むとつまらないけど、主人公の気持ちを考えながら読むと非常に面白いと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

青空の休暇

「青空の休暇」(著者:辻仁成さん)を読みました。
「日本をダメにするために命を懸けてきたんじゃない」と真珠湾攻撃(太平洋戦争)を経験した老人の言葉は重い。
でも、そんな重さだけを感じるだけの小説ではないので皆さんにも是非読んでいただきたい一冊です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

アナン、

子どもの育て方、子どもの才能の伸ばし方。
近くにいて欲しい人、いて欲しくない人。
集団の恐ろしさ、個人の恐ろしさ。
そして、大事なものを教えてくれました。
飯田譲治さん、梓河人さんの至極の一品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うつくしい子ども

全てのお子さんをお持ちの親御さんにお読み頂きたい一冊です。

「あの家から、自由になりたかった」

 これは、ある犯罪を犯してしまった少年の言葉だそうです。

 そして、この小説の中で犯罪を犯した少年は、「ぼくは人に命令されて動く人間だ。」と言う台詞があります。これは小説の中の話として受け止めるのでは無く、現実社会の言葉と受け止めると少年がこんな言葉を言うとしたら恐ろしいです。
 最近、発生した自分の母親と兄弟を殺して自宅に放火した少年も・・・。

 本気で子ども達のことを考えないとこの小説の主人公と同じことを現実社会で体感することになるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

繋がれた明日

作家@真保裕一さんの秀作の一つです。
 内容は主人公@中道隆太は殺人を犯してしまう。自分がナイフを持っていなければ、殺人の現場の目撃者が正直に証言していれば、もっと軽い罪で済んだのでは?と常に考えている主人公は、自分の周りにいる人々の優しさで最後には罪を償うことと謝罪の本当の意味を知る。

 この本を読んで私の様な短気な人間は本当に気をつけないといけないと思いました。
・罪を犯した本人が罪を償う(当たり前)
・犯罪を犯した家族は、犯罪者の家族と言うだけで職を追われ、住んでいる家も追われてしまう
・仕事がなかなか無い
・仕事があっても殺人者と知れると、職場に居づらくなり辞めることになる
・疑われる確立が格段に上がる
・被害者から一生恨まれる
・犯罪者の妹は、兄が殺人者である為に恋人から冷たくふられる
・妹から恨まれる


| | コメント (0) | トラックバック (1)

風が吹いたら桶屋がもうかる

 この小説の何が面白いって、小説のタイトルや各章のタイトルと小説の内容がまったく関係ないことです。その内容は、全7章に分かれた1話完結型の連続推理ドラマと言えば想像できるかな?
 各章の中身は下記のサイクルでストーリーが展開されていますので、水戸黄門を見ているように安心(?)して読み進めることができます。
 多分、作者の井上夢人さんは、テレビドラマに使ったら丁度いいと考えて書いた小説なのかな?既にドラマで使ってたりして?

【サイクル】
美人or可愛い女性の相談者が三宅峻平の前に現れる
 ↓
松下陽之介に相談したいと仲介を申し出る
 ↓
相談者を松下陽之介に会わせる為、家へ行くと微妙な超能力の練習をしている
 ↓
相談内容を聞いて、解決する為に超能力を始める(結構な時間が必要)
 ↓
両角一角がもっともそうな推理を展開する
 ↓
相談者が慌てて出て行く
 ↓
後日、相談者がまた現れて、実は赫々云々と相談内容のオチ(両角一角の推理程深刻ではない)を報告
 ↓
松下陽之介が超能力の結果を報告。それが、相談者のオチと一致
 ↓
・美人or可愛い女性の相談者には恋人がいることが判明
・菓子折り等を御礼で置いていく
 ↓
一番実作業を行っていない両角一角が菓子折りの殆どを食べる

| | コメント (0) | トラックバック (0)