« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

王子、甘える!

オイラが年末年始の休暇に入って家に居るため、ずっと甘えていて、座れば膝の上、
寝転べばお腹の上。もう、いい加減にして欲しいが、可愛いから仕方が無い。
Nec_0028

| | コメント (4) | トラックバック (0)

世界の絶景100選新世界七不思議の秘密全部見せますSP

「世界の絶景100選新世界七不思議の秘密全部見せますSP」を見ました。このシリーズは、知っている風で知らない場所を紹介しているので毎回興味深く拝見していますが、”七不思議”とはついにネタ切れか?でも、”新”ってのが”七不思議”の前にあると言うことは期待できるか!?と思いましたが・・・。特に、後半になればなる程、やっつけ仕事になってしまったのが残念!!

新世界七不思議とは
 新世界七不思議財団が、2007年7月7日に、全世界から約1億票の投票で決定した建造物。

司会者:内藤剛志さん、久本雅美さん
審査員: 橋田寿賀子さん、船越英一郎さん、優香さん、ベッキーさん、さまぁーずさん


★★タージ・マハル(インド)
選定理由
・世界一美しい墓
・総大理石作りで、約2万人の職人で作られた
・総工費は国が傾くほど
・一人の女性の為に造られた墓
特徴
・敷地面積 約5万坪(東京ドーム4個分)
・高さ65mのドームを中心にシンメトリーの建物
・皇帝シャー・ジャハーンが王妃ムムターズ・マハルの為に造った

ツアーゲスト:酒井敏也さん、田中要次さん
絶景案内人:スワッティーさん


拡大地図を表示


★ペトラ遺跡(ヨルダン)
選定理由
・巨大な建造物を岩の中に造り上げた
特徴
・シク(割れ目と言う意味)と呼ばれる入口が約1kmも続く
・その高さは高いところで100mもある
・昔は川が流れていた
・泉から全長6kmの水道で水を確保していた

ツアーゲスト:要潤さん
絶景案内人:サーレムさん


拡大地図を表示
※”khazneh”で検索すると写真も見れます。


★チチェン・イッツァのピラミッド(メキシコ)
選定理由
・高度な天文学に裏付けられた建築物
特徴
・マヤ文明の神を祀る神殿
・4面にある階段の段数がそれぞれ91段と最後の階段1段を会わせると65段
・春分の日、秋分の日にピラミッドの階段の影で、蛇の神さまが現れる

ツアーゲスト:上原多香子さん、紺野まひるさん
絶景案内人:グスタボ・フラボソさん


拡大地図を表示


★コロッセオ(イタリア)
選定理由
・2000年以上前の建築物なのに観客席から競技場が見渡せる
特徴
・砂を敷き詰めた床があって、その名前はアレーナ(アリーナの語源)
・猛獣や剣闘士を運ぶエレベータがあった
・トイレが無かった

ツアーゲスト:三船美佳さん、関暁夫さん
絶景案内人:マルコ・ベルッティさん


拡大地図を表示


★万里の長城(中国)
選定理由
・人類史上最大の建造物
特徴
・約2,500年以上の年月をかけて6,000km以上を建設した

ツアーゲスト:川合俊一さん、ミソノさん
絶景案内人:インメイさん

東の果て山海関

拡大地図を表示


★マチュ・ピチュ(ペルー)
選定理由
・標高の高い場所の建造物


拡大地図を表示

★コルバドールのキリスト像(ブラジル)
選定理由
・南米で最も有名な建造物


拡大地図を表示

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスの約束

小田さんはどうしてあんなにも透明な声を出せるんだろう?還暦ですよ。還暦。凄いとしか言いようがないです。

【曲目】
・たしかなこと
・こころ

宮沢和史
・中央線
・風になりたい

・秋桜(コスモス)

さだまさし
・woh woh
・たとえば

くるり(岸田繁、佐藤征史)
・jubilee

矢井田瞳
・恋バス

佐野元春
・SAMEDAY

・言葉にできない

早稲田大学グリーンクラブ
・この道を行く

・ダイジョウブ

| | コメント (2) | トラックバック (2)

恋のデュエット!?

何しろ日本一ですからね!実物を見てみたいですねぇ!遠くから!
Img_3772

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫の集会所

猫の集会所で店名が「ホットミルク」で清酒「廣戸川」って訳が判らない。誰か説明して下さい。

Img_3767

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第46話 今明かす愛と理(ことわり)

オープニング映像がクリスマスヴァージョン(?)でしたが、オープニングテーマが元に戻りましたね。

□あれあれ
・”カギ”が侑斗じゃないって思われた切欠が、侑斗ではなく良太郎を庇ったことだったのに、それがなぜ”カギ”が愛理さんなんだろう?訳が判らないよ!!!

□野上愛理(松本若菜さん)の言葉
・「消えた未来をもう一度私達の時間につなげないと未来も過去も今も時間は人がちょっとづつ刻んでいく大切な記憶だから、だけど・・・。ごめんなさい。きっと沢山辛い思いをさせている。本当に沢山・・・。」
  →シリアスな愛理さんも素敵です。

□野上良太郎(佐藤健さん)の言葉
・「仲間がいるんだ。」
  →そうりゃあ、この言葉を聞いたらモモタロス達は喜ぶよぉ!

□桜井侑斗(中村優一さん)の言葉
・「今が何でも無いんだから修復されたんだろう?まぁ、あれだけでかい破壊だとかなりやばかったんだろうけど・・・。過去の影響を受けない特異点が、先の時間に存在していれば、その記憶が支点となって繋がっていく。つまり、お前の記憶だ。」
  →ホントなんだかよく分かりません。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (19)

第45話 甦る空白の一日

「未来はきっと・・・」って何よ?

□あれあれ
・ナオミの踊る前と踊った後の対比が面白いですね。
・「モモタロスのあたまがよくなりますように」って、確かに難題かも?
・宅急便の伝票に書かれていた住所(東京都中野区東中野6-5-3)だけど、第一話でサイフに付いていたタグの住所と違うのはナゼ?

□野上愛理(松本若菜さん)の言葉
・「侑斗と一つづつ。生活が新しくなるんだから、時間も新しくするの。なんかいいでしょう!?」
  →何か話し方が、最近の愛理さんと違うかな?話すスピードも少し速いし。

□野上良太郎(佐藤健さん)の言葉
・「変だよこれ、凄く狭い範囲で僕の記憶が飛んでる。」
  →オイラはよくありますよ。

□桜井侑斗(中村優一さん)の言葉
・「なんでもいい、とにかく行くな!」
  →侑斗は、お笑いの基本を知らないね。そう言われて行かない奴はいないよ。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (16)

エーゲ海の頂に立つ

エーゲ海の頂に立つ(著者:真保裕一)を読みました。小説と思って買ったのですが、エッセーでした。しかし、かなり興味深く読むことができました。エーゲ海に浮かぶクレタ島に標高2500mもの山や渓谷があってそこを歩いた著者の気持ちがよく描かれていると思います。ちなみに、それを著者が登る姿をNHKがTV撮影した番組が放送されていたそうです。見たかったなぁ!
「トレッキング エッセイ紀行 紺碧に浮かぶ古代の大自然を求めて ギリシャ・クレタ島」BS2 2004.1.25放送

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第44話 決意のシングルアクション

どうもストーリが分かりにくいです。理解の範疇を超えています。単純な内容を難しく難しくしているだけでは?と思っています。

□あれあれ
・いつも力技のモモタロスが、かなり良いこと言っていましたね!ガラじゃないような気がします。

□野上愛理(松本若菜さん)の言葉
・「変わって欲しくないって思う位、その人たちとの今が大切になっているのよね。だから・・・、辛いわねぇ。」
  →なんだかんだ言って愛理さんは優しいなぁ。

□野上良太郎(佐藤健さん)の言葉
・「モモタロス達が消えるかもしれないのに、僕はこの時間を守ろうって思っている。」
  →仲間も守りたい、時間も守りたい。この2つが矛盾しているとは思えないけどなぁ?

□桜井侑斗(中村優一さん)の言葉
・「答えは出たみたいだな。」
  →保護者的な発言だね。やっぱり義兄としての発言か?

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (14)

王子、紙ではこんな感じです

国語フォーの娘が紙をうまいこと切って、王子を表現してくれた。あまりにも良い出来栄えだったので皆さんにご紹介させていただきます。なお、鼻の下が緑色なのは、緑色の色鉛筆で遊んでいて色が付いてしまったそうです。
Img_5961

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第43話 サムシング・ミッシング

分岐点のカギは実は良太郎ってことを匂わせている訳ですね。桜井さんは良太郎を庇う為に、良太郎にニセの記憶を植え付けて、時間を逃げ回っているってことか?

□あれあれ
・チョモランマをも制する神のスプーンセット?

□野上愛理(松本若菜さん)の言葉
・「・・・」
  →残念、出演なしでした。

□野上良太郎(佐藤健さん)の言葉
・「一緒に戦う訳にはいかないと思った。」
  →ってイマジンに殺されたり、時間を奪われる人間はどうするんだい?

□桜井侑斗(中村優一さん)の言葉
・「もっと早く決めろ!」
  →デネブとは一心一体なんだねぇ。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (23)

オルファクトグラム

オルファクトグラム(上・下)著者:井上夢人を読みました。

 この小説は頭を殴られて、脳に損傷を受けて視覚と嗅覚が連携してしまう主人公が、自分自身を傷つけ姉や親友を殺した犯人を追い詰める内容です。
 しかし、オイラはその犯罪モノとしての小説というよりも臭いを色やその色の濃さや形で臭いを表現したことに喝采を送りたくなりました。臭いって、”くさい”、”いいにおい”程度しか表現しないオイラにとって、小説とはいえこの考えは画期的でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »