« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

仮面ライダーカブト 第42話

なぜ、カッシスワーム ディミディウスは天道や加賀美を抹殺するチャンスがありながら実行しないのだろうか?主人公だからって遠慮することないのになぁ!ストーリを簡単にする為には、1人2人いなくなったって大勢に影響ないって!

□今週の加賀美くん
・「正しいと思ったらただひたすら突っ走れ!それがお前だ!」って、単純だよねぇ。
・なんか親父さんとキャッチボールして、何かほんわかしてないかぁ?

□乃木怜治語録
・「時は私の為だけに流れている。」

□矢車想・影山瞬語録
・「頂点か。お前はいいようなぁ、闇の世界でも前向きで!」

□神代剣語録
・「俺は地獄においても頂点に立つ男だ。」
・「俺はダメ人間においても頂点に立つ男、いや既に立っている。」

□天道総司語録
・「しかし、何か忘れているようなぁ?」

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (31)

王子、何を企んでいるの?

先日ゲーセンでGETしたクリスマス・ツリーを出して撮影していると王子が邪魔しにきた。何が面白いのかオイラから見えない所をカジカジとかじっている。
「王子、美味いか?」って聞くと「ニャー(美味くない)。」と答える。
その後はテーブルを降りてこちらを伺っている。何を企んでいるのかは分からないけど、テーブルの上にこのクリスマス・ツリーを残して置く心算は無いから、イタズラはムリだよ王子くん!
Img_6222
このクリスマス・ツリーはゲーセンでGETしたにも係わらずDisneyマークが付いていたけど本物かどうかは怪しいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ザ・ベストハウス123

ザ・ベストハウス123「あらゆる物事のベスト3紹介!!」と言う番組をご存知でしょうか?面白くて毎週見ていますが、特に今回の虹のベスト3は良かったので、ご紹介させて頂きます。


世界のキレイな虹 ベスト3

■第3位 直線の虹
2006.6.3アメリカ、アイダホ州で見られたそうな。
水平に伸びる虹=水平環アーク(level round arc)
巻雲(ケンウン:高度1万mを超える高い位置に現れる雲)が現れた時のみ現れる

■第2位 丸い虹
神様が空に結んだリボン
アメリカ ハワイ州
 虹は祝福の象徴とされているそうな。

■第1位 月の虹
アルゼンチンとブラジルの国境にある世界遺産イグアスの滝
虹の産まれる瞬間は凄いの一言だった。

※虹の色の国別の感じ方の違い。
日本 7色
イギリス、フランス、アメリカ 6色
ドイツ 5色

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

仮面ライダーカブト 第41話

人類とワーム、ネイティブ、ZECTって益々分からない!それと、カッシスワーム ディミディウスの時間を止める能力はアリなのかなぁ?

□あれあれ?
・道路にダンボール箱を山積みにしている場所って、そうは無いと思うけどねぇ!?

□今週の加賀美くん
・あれ?親父のこと知らなかったんだっけぃ?

□矢車想・影山瞬語録
・「いいよなぁ、おまえは。まったくね、俺も一度でいいからお坊ちゃま君と言われてみたい。」

□神代剣語録
・「今度、銀ぴかゴボウも食してみたい。」
・「二人で愛においても頂点に立とう。」
・「ナ・トゥ」
・「テゥ・フー」
・「丁度いい。八つ当たりにおいても頂点に立つ男だ。」

□天道総司語録
・「俺が行くべき道。それは・・・」

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (23)

仮面ライダーカブト 第40話

風間大介と間宮麗奈との恋のあらましが、天道のひよりに対する妹愛にどの様に影響していくのかなぁ?

□あれあれ?
・矢車想がお笑い部門にノミネートですかぁ!?

□今週の加賀美くん
・今週もミサキーヌとLOVE&LOVEだそうです。

□矢車想・影山瞬語録
・「仮面ライダードレイク、風間大介。いいよなぁ、おまえは。メイクアップ・アーティスト、なんてオシャレだよねぇ。」

□間宮麗奈語録
・「その手を離せ。」
・「なぜだ。なぜ、人間ごときの心が甦る?」

□風間大介語録
・「あなたはワームなんかじゃない。あなたは、あなたです。」
・「大切な人がワームだった。ただそれだけのことだ。」

□神代剣語録
・「俺はポジテティブシンキングでも頂点に立ったぁ~。」

□天道総司語録
・「分かるさ俺にだって・・・。」

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (32)

王子、寝てます。

王子が寝てます。夜中、一人(匹)で大騒ぎしてオイラ達に迷惑をかけても、昼間悠々と寝ています。
Img_4421

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »