« 仮面ライダーカブト 第17話 | トップページ | エンブリオ 下 »

エンブリオ 上

著者:帚木蓬生さんによる逸品。
 生命とは、誕生とは、長生きするとは、ボケないとはを考えさせられました。
 ちなみに、エンブリオとは受精2週以後の受精卵のことだそうです。

特に印象に残った箇所をピックアップしてコメントさせて頂きます。

■病院経営とは
・経営的に苦しくなると空いていたベッド分を認知症病棟用へ申請
・子供の医療費が安いから、まず小児科医が減る
・母親が救急センターに駆け込んでも、専門の小児科医はおらず、一般医によって軽くあしらう
 (重症でもないのに連れて来たと、嫌味さえ言われる)

 その内、この病気は儲からないから、この病気の患者が来たら別の病院へ紹介状を書いて追い出す病院が出てくるんでしょうね。
 兎に角、そんな病院経営しかできない形を作ってしまった現在の医療制度がおかしい!!

■代理母の契約について(アメリカの事例)
・代理母の契約は、一種の養子縁組に金銭のやりとりがあるとみなされ違法行為となる
・代理母として妊っているうちにお腹の赤ん坊に愛着がわき、赤ん坊の引き渡しを拒否し裁判沙汰になった
 判決:監護権という妙な権利ほ依頼主に認められました
     親権は代理母にあるとされたので、代理は自由にその子供に会いに行ける
・代理母がエイズ感染者だったので、赤ん坊もエイズにかかっていて、依頼主が引取りを拒否した

 合理的なアメリカ人らしいと言えばらしいですね。

■医薬品や化粧品の原材料の一部として牛が利用されていた
・牛の副腎や肺は消炎剤、腸は手術用の糸、胎盤はやはり美白化粧品として
 しかし!BSE(牛海綿状脳症)騒ぎ以来、胎盤その他が使えなくなっている(胎盤は特に感染性が高い)
 解決策:ヒトの胎盤の利用
  →その為、これが一般化されると胎盤の所有者はあくまで母親(赤ん坊?)なので、病院が買い取ることになるので、「胎盤および臍帯の処理は病院に任せる」と出産前にちゃんと誓約書を交わしている。
・フランスでは1994年施行の生命倫理法で、有償でヒトの体の一部を売買することは禁じられているが、日本には法律が無い

 えええ?って感じです。

■手術例
・5歳の幼児の2度目の心臓移植で、まだ母親のお腹の中にいる妊娠7ヶ月の赤ちゃんを人工的に流産させて、その赤ちゃんの心臓を移植した。

 これは、日本の法律上は違法ではないそうな・・・。日本はモラルで全てを解決しているってことか?

■生殖産業
・年間2000億円の市場
・最有力商品は精子で、スポーツ選手や俳優、あるいはIQ130以上の知識人の精子を専門に貯蔵している精子銀行があるらしい
・代理母の相場は、ひとり当たり約200万円

■中国の出産事情(一人っ子政策のツケ)
・早期検診で奇形児やダウン症と判った場合、人口流産させている

■日本の生殖医療の考え
・婦人科、産科の枠組みがあり、小児科、泌尿器科との垣根もある
・獣医学との連携はありえない
・大学や産婦人科学会、不妊学会は先端医療技術の臨床応用には必ずブレーキをかける

 日本では法律での制限がなく、学会で決められたことで制限している事が意外に感じられました。

■脳移植について
・パーキンソン病に、実の子供の脳をドナーとした場合、拒否反応が少ない
  前出の■手術例と同じ方法で、脳移植を行う。

■ヒトとしての認識の違い
・日本:子宮から生きて出てこないとヒトと認められていない
・アメリカ、フランス:子宮にいる時点からヒトとして認められている
・アメリカの判例:
 19歳の未婚の妊娠した黒人女性が自分のお腹を猟銃で撃って胎児が死亡した。その為、この女性は殺人罪で禁固刑となった。
 ちなみに、日本で同様の事件があった場合、起訴さえされないそうです。

■受精卵の凍結保存について
・ドイツは凍結保存を認めていない
・イギリスは容認。しかし、商品化することは不可
・オーストラリアは凍結して10年間のみ容認
・アメリカは許可を取得した医療機関は何でも容認

 確かゴルゴ13のクローン人間を作って、軍隊を作ったら無敵の軍隊になると言うシリーズがあったけど、右を見ても左を見ても優秀で綺麗で体力があって健康な人間ばかりになったら・・・恐ろしいですね。

|

« 仮面ライダーカブト 第17話 | トップページ | エンブリオ 下 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85512/10260269

この記事へのトラックバック一覧です: エンブリオ 上:

« 仮面ライダーカブト 第17話 | トップページ | エンブリオ 下 »