« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

王子、見つめる先。

王子がTVを見ています。
 TVのニュースの中では、東横インの代表取締役@西田憲正さんが楽しいコメントをされていました。このコメントを聞いていた王子は「呆れてモノが言えないニャン」と言っていました。
 東横インの西田さんはとても可哀想な方なんだぁと言うことがよく分かった記者会見でした。

NEC_22

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仮面ライダーカブト 第1話

「仮面ライダー生誕35周年記念番組」という重々しいタイトルで始まりましたね。
しかも、宇宙の落し物(隕石?)で渋谷が瓦礫の街になったらしいです(一部のシーンのみ)。そして、その宇宙の落し物にはワームと呼ばれる宇宙生命体が含まれていて、どうやら目視した人間に化けることができるようです。また、ZECTなる公的(?)な組織が編成されていてワーム対策にライダー変身ベルトなどを開発している。そのZECTの兵隊さん達は、仮面ライダーっぽいヘルメットを被っていて、更にライダーマンの武器みたいなものを右手に装着しており、その武器はマシンガンや短剣にもなるようです。

 仮面ライダーカブトは仮面ライダー555の変身方法と酷似していて、容貌は仮面ライダーアギトの要潤さん演じる氷川誠が着た変身スーツ(名前は忘れた)と酷似しています。どうかお願いですから555の時の様なオルフェノクと人間とライダーと敵か見方か分からなくなるような、ぐちゃぐちゃのストーリー展開だけにはしないで下さい。

□天道総司(水嶋ヒロさん)語録 公式HPとダブらないようにしようっと
「俺は誰からの指図も受けない。俺の通る道は俺が決める。そして、もう一つ。下手に交わせば豆腐が崩れる。」
「店員失格だな。お客があんた達のおしゃべりが終わるのをずっと待ってるぞ。」

※仮面ライダー響鬼とは明らかに違う点としては、やさしさが感じられない点とタイトルが無いことですね。タイトルが第1話ってのはそっけないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (36)

ファイナルファンタジーXII

うおぉ!!オイラとしたことが、ファイナルファンタジーXIIの予約することを忘れていました!!発売日が3/16!?忙しい時期じゃないかぁ!!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウルトラマンマックス 燃えつきろ!地球!!

 番組内で「Burned out syndrome」を燃尽症候群と言っていましたが、Excite翻訳で調べると燃尽症候群は「Burnout syndrome」と翻訳されました。ちなみに、「Burned out syndrome」を調べると焼け出されているシンドロームと翻訳されました。どちらが正解なのかは分かりませんが、エリー(満島ひかりさん)のCPUがモエタランガ・ウィルスで暴走している訳では無さそうですね。

 モエタランガ・ウィルスの力は凄いね。もし、これが本当にあったら確実に地球人類は滅亡しますね。でも、既に日本には蔓延している可能性が高いですね。

□懐かしいセリフ
・「俺の熱いハートが戦えと叫んでいるだ!」:ヒジカタ隊長(宍戸開さん)
・「ファイトー!!(いっぱーつ)」:ヒジカタ隊長
 

□挑発星人 モエタランガ
モエタランガ・ウィルスに感染した人間から生命エネルギーを吸収

| | コメント (2) | トラックバック (13)

王子、真剣そう?

王子が珍しく真剣な眼差しをして何かを考えています。

 おそらくですが、ホリエモンの問題に夢中なマスコミが、早く耐震偽装問題に再度目を向けて、えらーい方の秘書の方の国会の承認喚問が可能になるように頑張って欲しいなぁ!?って考えていると思います。多分・・・

NEC_30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何を隠したいのか?

 最近、大きなニュースが立て続けに発生していますよね。これって、何かを隠したい為って思いませんか?

・耐震偽装問題
・ホリエモンの逮捕
・アメリカ産牛肉の輸入停止

 この3大ニュースで考えた場合、それぞれの問題で当事者になっている方には申し訳ありませんが、この3つの中で迷惑がかかわっている人数で言うと

1.アメリカ産牛肉の輸入停止
2.耐震偽装問題
3.ホリエモンの逮捕

の順番になると思います。ところが、ホリエモンの逮捕については、特番を組んでまでも報道しているけど、アメリカ産牛肉の輸入停止の件は特番を組んでの報道が無いのはナゼなんでしょうね?

 もし、権力を持った大物が何かを隠そうとしていたら絶好のタイミングなんでしょうねぇ!?

 例えば、父親の買ったばかりの新車を息子が勝手に運転していて、駐車場に新車を停める時に壁に衝突して小さな傷をぶつけてしまい途方にくれていると、やっぱり車庫入れが不得意な見知らぬオバさんにその新車に衝突されてしまったとする。
 すると、息子はラッキーと思い、新車についた衝突跡を全てそのオバさんの責任に擦り付けてしまう。当然、その報告を聞いた父親はより大きな衝突跡に気を取られ、壁に衝突して出来た小さな傷には気が付かない。

・オバさんによって出来た衝突跡 : ホリエモンの逮捕
・壁に衝突して出来た小さな傷  : 隠したい事実
・父親                 : 国民
・息子                 : 政治家のような気がしてならない

| | コメント (0) | トラックバック (2)

お勧め本 「発火点」

私の周辺に家族を殺害された人や殺害した人が幸いにもいない為、主人公やその周辺の人々の気持ちは、理解し難いところでありましたが、この主人公が大人になって行く過程は共感を持てました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

王子、目が半開きだよ

ホリエモンが逮捕されたってねぇ!ニャンの事か分からないニャン?200601232309000.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

王子、寝てます。

王子がいちごハウスで寝ているところを撮影しました。最近、太り気味の王子は御覧の通りいちごハウスから体をはみ出して寝てます。暴飲暴食させている訳ではないんですが、飼い主の嫁に似たんですかね?あれ?飼い主、オイラだっけ?200601222059000.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仮面ライダー響鬼 明日なる夢

 最終回のテーマは「意外性」かな?想像していた最終回と大分様子が違いますが、良い意味で裏切られた感じでした。

□清めの儀式で最終回は終わってしまうのではと思っていたのですが・・・意外でした。

□安達明日夢(栩原楽人さん)が医者に?天美あきら(秋山奈々さん)は福祉関係?

□桐矢京介(中村優一さん)の瞬間移動。彼の得意技ではあるが、明日夢の居場所を知らないはずなのに・・・意外だ。しかも、正式な名前は無いようですが、鬼に変身できてるし・・・意外だ。

□洋館の男女も謎の男女の想像物だったとは・・・

□「鬼になれることだけが俺の弟子になることじゃない。出会った頃から、明日夢はずっと自慢の弟子だったよ。」ヒビキ(細川茂樹さん)のセリフは、師匠と弟子の関係を再認識させるに余りある言葉でした。

※謎の男女の出現と明日夢や京介の成長を考えると仮面ライダー響鬼2や特別番組の編成がありそうですね。
でも、本編としては終了なので、この番組のスタッフの皆さんに御礼を言いたいと思います。色々と批判めいたことも書きましたが、何か良いものを頂いた気持ちになりました。ありがとうございました。そして、ご苦労様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (38)

ウルトラマンマックス 勇気を胸に

 冷凍怪獣ラゴラスが溶岩怪獣グランゴンを食べてラゴラスエヴォに進化した展開とカイト隊員(青山草太さん)の回想の展開がウルトラマンマックスの第一話とリンクさせてあり、素敵なストーリー展開でした。
 しかも、ウルトラマンマックスに頼らず自分達の力で怪獣を倒そうとするショーン隊員(ショーン・ニコルスさん)やカイト隊員の気持ちが素敵でした。
 今回のストーリー展開は、まるで最終回のようでした???怪獣が第一回に登場する怪獣だし、場所も龍巌岳だしね。

□素敵なセリフ
・怪獣の体のサンプルから撃退方法を分析するショーン隊員に対してコバ隊員(小川信行さん)が
 「多分じゃダメだろう!絶対発見しろよ!」と励ます。
・ミズキ隊員(長谷部瞳さん)の乗った「DASH BIRD 1」が怪獣に攻撃されて被弾した時のカイト隊員が
 「マックスの力に頼ってばかりだ」と言って変身せずに怪獣に立ち向かう。
・怪獣の撃退方法が中々見つからないショーン隊員に対してカイト隊員が自分の過去を話しはじめる
 「もう親は救えないけど、これから救える人がいる。」
 「俺達が頑張らなきゃ、マックスだって助けてくれないさ。」
・怪獣の攻撃を受けて愚痴るコバ隊員に対してミズキ隊員が
 「泣き言は言わない!」

□意味深なセリフ
・ショーン隊員に対してカイト隊員が自分の過去を話しているのを偶然聞いていたミズキ隊員は
 「ちゃんと教えて欲しかったな。私にも・・・」
 これってやっぱり愛情表現?それとも、心からの仲間意識?


□進化怪獣 ラゴラスエヴォ
頭の角が光り、口からは冷凍光線、胸からは熱線を出し合成した攻撃は、マックスギャラクシーをも凌ぐ。

| | コメント (0) | トラックバック (17)

仮面ライダー響鬼 語る背中

久々に滝澤みどり(梅宮万紗子さん)が登場して・・・良かった良かった。

で、今回のテーマは「許せない」かな?

□安達明日夢(栩原楽人さん)の鬼修行の一時(?)休止。
 桐矢京介(中村優一さん)の様に自分しか見えない人には、明日夢の行為は敵前逃亡に見えるんでしょうね。
 でも、京介の一方的な怒りは論外だとしても、オロチで大変な時期に、このタイミングでの明日夢の行動は、ちょっと許せないな。

□ヒビキ(細川茂樹さん)の清めの儀式の実施方法。
 イブキ(渋江譲二さん)の修行の状況が芳しくないせいなのか、それとも先週のイブキと立花香須実(蒲生麻由さん)の話を立ち聞きしたせいなのかは分かりませんが、イブキとトドロキ(川口真五さん)を騙して、ヒビキ自身が儀式を始めてしまう。
 これは、イブキの視点で考えた場合、ラッキーな行為なのか?それとも、許せない行為なのか?は分かりませんが、オイラなら許せない行為です。「お前には任せられない。」「お前はダメな人間だ。」と言っている様なものと解釈できます。

| | コメント (0) | トラックバック (34)

ウルトラマンマックス 怪獣は何故現れるのか

 今回のストーリーの中に、牛鬼と龍と言うキーワードがでてきますが、このキーワードから作家の高橋克彦先生の作品「竜の柩」の中で、古代文明の中で対立する2大神が牛神と龍神を思い出しました。
 もう、随分前に読んだ本でしたが、かなり印象深く覚えています。
 龍については言えば、東洋では中国の清王朝では皇帝の紋章に代表される様にイメージは良いものになっていますが、東洋でのドラゴンは悪いものになっています(ドラクエをイメージすれば分かり易いかな?)。
 牛については、東洋では孫悟空のストーリーの中に登場する牛魔王に代表される通り悪いイメージです。ところが、西洋では映画の「十戒」の中でモーゼがアララト山に篭って十戒を持ち帰るのを待っている間、偶像崇拝を禁止されているのも関わらず待ちきれない民衆は神を像を作り祭(?)を初めてしまうのですが、その神の像の姿が上半身が牛で下半身が魚のようなものなんですよ。
 神様なのに、西洋と東洋でここまで違うなんて不思議ですよね。

 で、ウルトラマンマックスの中身ですが、

□新たな発見
・ヨシナガ教授(桜井浩子さん)はヨシナガユカリって名前だったんだぁ。
・DASHの休暇は5時間

□大きな疑問
・代々木入り口から素敵な店までの4時間、カイト隊員(青山草太さん)とミズキ隊員(長谷部瞳さん)は何処で何をしていたんでしょうか?


□牛鬼怪獣ゲロンガ

| | コメント (3) | トラックバック (17)

王子、日差しが眩しい?

王子のメガネシリーズ第二段。
トロピカル(?)なメガネをかけて娘に抱っこされてご機嫌な王子は、しばらくこの格好のままで遊んでいました。
200601081636000.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

王子、大好物はプリン?

王子がプリンの入っていた容器を凄い勢いで舐めています。王子の顔の大きさに比べて容器が小さいので、勢いよく舐めている割りには中々舐める量は少ないようです。200601072156001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仮面ライダー響鬼 極める鬼道

仮面ライダー響鬼ファンの皆さん、明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いします。

で、今回のテーマは「願い」かな?

□初詣
・桐矢京介(中村優一さん)    「どうか一人前の鬼になれますように」
・立花日菜佳(神戸みゆきさん) 「今年はトドロキくんとの仲が少しは発展しますように」
・イブキ(渋江譲二さん)      「お賽銭少なくてゴメンナサイ。神様」
・立花香須実(蒲生麻由さん)   「今年こそ女性らしく素敵な恋愛ができますように」
・安達明日夢(栩原楽人さん)   「・・・」(迷う?)
・ヒビキ(細川茂樹さん)      「・・・」(無心?)
                    でも、後からの明日夢の問いかけで、
                    「二人が早く一人前になれますように」
                    「今年一年。また生きることができますように」

□トドロキ(川口真五さん)は日菜佳との初詣の約束を破ってまでも魔化魍を退治。以前であれば、約束を破った理由をたどたどしく日菜佳に言い訳していたと思いますが、明らかに彼は変わりましたね。

□ヒビキの京介への願い。
 何の相談も無く、高校を退学した京介へヒビキは復学することを勧める。
「今は学校生活から学ぶことが一番の修行の場だぞ」
「ルールある中で、自分を見つけて鍛えていくことは大切なことだぞ」

□一方で京介は自分自身の願いを叶えるべく、日々鍛錬を重ねている。そして、以前なら例えヒビキに進められても自分のプライドを傷つけるようなこと(高校への復学)をしなかったはずだが、それを実施した京介もまた明らかに変わりましたね。


□吉野の総本部の命令なので(宗家の跡取りだから)、皆の前では強がってみてもやっぱり死にたくないイブキは香須実にだけ本音を漏らす。そりゃそうだよ。誰でも願いは「今年一年。また生きることができますように」だよ。

| | コメント (4) | トラックバック (38)

ウルトラマンマックス 邪悪襲来

どうにこうにも風邪が治らないので、リリカ(斉藤麻衣さん)の不思議な力で治して欲しいと思いましたよ。

□あれあれなシーン
・ルガノーガの尻尾からエネルギーを吸い取られてフラフラのはずなのに、マックスギャラクシーで仕留めてしまう。確か、マックスギャラクシーは大量のエネルギーを消耗してしまうのではなかったかな?でも、ウルトラマンマックスがマックスギャラクシーを発動する前に、一度は子供達に向かったミサイルをルガノーガの背中に投げつけるシーンはストーリーを感じました。

・リリカはカイト隊員がウルトラマンマックスであることを知っているし、カイト隊員はリリカが異星人であることを知っていて、それをお互いの秘密を共有している。これが、TBSやフジTVのドラマであれば、恋愛に発展してミズキ隊員(長谷部瞳さん)との壮絶な三角関係を生み出すのだが・・・。あれ?こんなことを考えるオイラがあれあれだな。


□素敵なシーン
・ルガノーガが地球に降下するので子供達を避難させるシーンで、一緒に戦うと主張する子供達にカイト隊員は、「じゃあ2人はミズキ隊員を手伝って」とやさしく言う。
 これが、現実だとすると国家権力をお持ちの方々だと「何バカなことを言っているんだ!危険だから早く逃げて!」としか言わないんだろうなぁ。と思いながら見ていました。

□凶獣 ルガノーガ
 防御面ではメタルなボディでビームを跳ね返す。また、攻撃面ではフリーダムガンダム状態でビームを放つ。

| | コメント (0) | トラックバック (16)

王子、後ろは誰?

王子、後ろにいるのは誰だい?って聞きたくなる写真ではないでしょうか?
この写真は、国語フォーじゃない方の娘を撮ろうしたのですが、娘が抱いていた王子を盾にした時のものです。
とっさのことでしたが、王子はしっかりカメラ目線。流石は我が息子!

Nec_32

| | コメント (2) | トラックバック (0)

王子、かくれんぼ?2

王子が顔だけ出してコタツに入っています。毛皮を着ていても寒いんですね。
オイラは年末から引きずっている風邪で、最悪の体調です。明日から仕事だなんて・・・200601031751000.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謹賀新年

このblogをご覧頂いている方々が幸せでありますように!
そして、地球上の全ての子供達が笑って暮らせる一年でありますように!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »