« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

MusicalBaton

るぅさんからのバトンです。

■Total volume of music files on my computer:
(今コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)

   最近買った携帯用のメモリにコピーしたので。0MBです。


■Song playing right now:(今聞いている曲)

   NHK「雪の女王」のエンディングテーマ「大好きな君に」(作詞・作曲・歌 小田和正)です。


■The last CD I bought(最後に買ったCD)

   最近といっても数年前ですが「Portrait」(Yo-Yo MA)です。


■Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me:
(よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)

   ・「栄光の架橋」(ゆず)
   ・「未来へ」(Kiroro)
   ・「言葉にできない」(オフコース)
   ・「Only Time」(enya)
   ・「星のかけらを探しに行こう」(福耳)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

仮面ライダー響鬼 引き合う魔物

休日サービス出勤の為、出遅れました!

 ダンキ(伊藤慎さん)登場!でしたね。それにちなんで今回のテーマは「オールスター登場」ですかね。

 「たちばな」の立花勢地郎(下条アトムさん)、立花香須実(蒲生麻由さん)、立花日菜佳(神戸みゆきさん)を初め、ヒビキ(細川茂樹さん)と安達明日夢(栩原楽人さん)と持田ひとみ(森絵梨佳さん)、イブキ(渋江譲二さん)と天美あきら(秋山奈々さん)、トドロキ(川口真五さん)とザンキ(松田賢二さん)。登場しなかったのは滝澤みどり(梅宮万紗子さん)と明日夢のお母さん(水木薫さん)だけかな?
 それに、黒い男、童子と姫+魔化魍が2グループも登場!しかも、童子と姫の連携プレイに、イブキもトドロキも苦戦していましたが、きっと来週は仮面ライダー側の連携プレイが見れそうですね。

 また、今週の皆さんの服装が今までより明るくなりましたね。特にあきらの服装は気になっていたので良かったです。それと踏み切りでの明日夢のおねえさんのバストちら見は、この季節の男性の心理をうまくついていましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

人類衝撃ミステリー記憶の超人スペシャル

 このTV番組を見ていて、先日まで読んでいた小説で「脳男」(首藤瓜於著)を思い出しました。
 第46回江戸川乱歩賞を受賞した作品なので読まれた方も多いと思いますが、自閉症だった主人公は富豪の祖父の英才教育(?)のお陰で、異常な正義感と思想・哲学、色々な学問を学ぶが自らの意思での行動がとれない。しかし、周りの人間から指示があると完璧に行動する正にコンピューターのような人間。そして、祖父と住む屋敷に泥棒が侵入、不幸にも火災にあうが、自らの意思では逃げることをしない主人公は大火傷になり、その時の体験が主人公の中にあった自らの意思で行動するスイッチをONにすることになり、数年後には祖父から教育された異常な正義感で、世の中の悪人を殺害していく。
 この小説の中では、自らの才能を悪い方向に使用してしまっていますが、このTV番組の中では、美術・音楽、記憶の分野で特筆した方々が紹介されていました。その方々には申し訳ありませんが、それぞれの才能が群を抜き過ぎているので、”紙一重”的な印象を受けました。何かを犠牲にしないと得れない”才能”なのかな?と感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

僕らの音楽 2005.06.24

酔っていない金曜日の夜の楽しみなTV番組の一つが「僕らの音楽」です。
この番組の魅力は、
■映像が綺麗
■弦楽器がアーティストを引き立てている
■意外な組み合わせの対談を聞くことができる
です。この魅力を視聴者が感じている以上は、中途半端な実力しかないアーティストは出演できないと思われます。

2005.06.24のゲストは、Kiroroさんと国仲涼子さんです。しかも、収録場所がKiroroさんの母校である沖縄県の読谷高校だったのがニクイ演出でした。
「10年経過しても良いと言われる曲を作りたい」って仰っていましたが、アーティストとして素敵な思想ですね。

【番組の中で歌われた曲】
・デビュー曲 「長い間」(1998年) 作詞・作曲:玉城千春
・”ちゅらさん”の主題歌 「Best Friend」(2001年) 作詞・作曲:玉城千春
   金城綾乃さんがボーカルをされていました。また、三線を大島保克さんが演奏されていました。
・「未来へ」(1998年) 作詞・作曲:玉城千春
   ちなみに、彼女たちの曲の中で私が一番好きな曲です。
・新曲 「帰る場所」(2005年) 作詞・作曲:玉城千春

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安達太良の魅力

安達太良の登山の魅力を語りだしたら人それぞれ限りがないかもしれませんが、オイラの視線での魅力だと

■大きな滝があり写真の撮影に事欠かない
■冷たくておいしい湧き水がある
■ゴンドラで楽に八合目まで行ける
■二本松駅から直行バスがある

でしたが、今年は4番目の魅力の直行バスが無くなりとても不便になってしまいました。

対処方法としては
・二本松駅から岳温泉までバスで行き、岳温泉からはタクシーで行く方法
・二本松駅から塩沢温泉までバスで行く方法

前者の方法は4番目の魅力以外は満足するが、タクシーの利用に不満が残ります。
後者は3番目の魅力が利用できないので、手軽な登山を楽しみたい人にとっては・・・。特に家族連れで、このコースはお薦めできません。

バス会社が土日だけでもバスの運行を再開してくれない限り、当面の解決策(妥協策)としては前者の案になってしまいそうですねぇ。残念無念の服部半蔵です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感動した!!2

 「第55回福島県高等学校音楽学習発表会」を大人の事情で見に行きました。どの高校の演奏も良かったのですが、特に平商業高等学校の演奏は演奏そのものも良かったですが、音を楽しむパフォーマンスに感動しました!
 ”竹田の子守歌”を現代的なダンスで表現したこと自体が私の中の高校生の枠を越えているのに、そのダンスを各楽器のトップと思われる方々が踊っている事に気付いた時は更に感動しました!普通(私の中の高校生のレベルでは)、トップの方が抜けるとその演奏はメタメタになってしまうと思うのですが、この高校の演奏にはそう言った心配は微塵もありませんでした。
 また、ソロの演奏ですと同じく平商業高等学校のフルートと勿来工業高等学校のトランペットが絶品でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴルフが大嫌い!

私はゴルフが嫌いです。

■紳士のスポーツ?
・らしいですが、テレビのスポーツニュースを見ていると穴にボールを入れる動作(何やら専門用語ではパットと言うらしいです)の時に、「お静かに!」とか書いた棒のようなものを上げないと静かにならない。そんな人しかギャラリィに集まらないスポーツのどこが紳士のスポーツなんでしょうか?
・ハンデと言う差別としか思えない掟がある。これは100m走で「お前は俺より、遅いんだから走るのは70mでいいよ!」って皮肉っぽくドーピングで筋肉質になったスプリンターに言われたような嫌悪感があります。
・”チョコレート”だとか”にぎる”だとか、賭博行為が横行している。あっ、でもこれは新○県警の判断だと図書券だからOKだった!失礼、しつれい!

■かっこ悪ー!
・カサでゴルフスイングのマネごとをしている人、かなりカッコ悪いですよ。直ぐ止めたほうがいいですよぉ。若者が電車の中で携帯で話しているより、カッコ悪いです。
政治家がTV中継で京都議定書だか何だか分らないけど、その関連でノーネクタイで唾を飛ばして話をしているよりカッコ悪いですよ。若貴兄弟の喧嘩よりもカッコ悪いですよ。
・せめて、日曜の午後に奥さんに邪魔にされながらゴルフのTV中継を見ている方が数倍はカッコいいですよ。
・接待ゴルフだかなんだか分りませんが、社員の折角の休みを奪うのは最上級にカッコ悪いですよぉ!社員の皆さんもそんなんで出世しても、お子さんは誉めてくれないし、その休日をご家族と一緒に過ごせなかった時間は二度とは戻ってきませんよぉ!

■結論
・日曜日の最大の楽しみのスーパーヒーロータイムをゴルフで潰すTV局の意図が理解できない!オレの仮面ライダー響鬼、マジレンジャーの時間をどうしてくれるんだぁ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラストプレゼント

 私はあまりドラマを見ることはないのですが、たまたま嫁さんが録画していた堂本剛さん、菅野美穂さん主演の「ラストプレゼント」を見ました。世の中は韓流ブームだそうですが、私の嫁もその中の1人です。このドラマも韓国で放送されたものをリメイクしたものだそうです。

 私は最近の菅野美穂さんを見て綺麗になったなぁ!と思っていたので、それで見入ってしまった訳ですが、何だかんだ言っても感動しました。言葉で確認することに慣れている私にとって、もどかしいと思ったシーンが沢山ありましたが、お互いを思いやるって言う意味では、こういう愛情表現もありなんでしょうね。

 「苦しんだり、悩んだり、落ち込んだり、どうしようもなく辛い思いをしている人達に笑いを提供したい。それで、一瞬でもそういう人達が幸せな気持ちになれたら最高じゃん。おれ、そう言う人になりたいんだ。」って言う考え方はとても好きです。

 注:詐欺師役の陣内孝則さんのくさーい演技が光ってましたねぇ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

仮面ライダー響鬼 清める音

今回の仮面ライダー響鬼のテーマはサポートかな?

■安達明日夢(栩原楽人さん)が「たちばな」でバイト
 商品を運んでいる時に変な持ち方をして、商品を落としてしまう明日夢。それを立花日菜佳(神戸みゆきさん)がフォローしてくれましたね。

■ヒビキ(細川茂樹さん)のボケと立花香須実(蒲生麻由さん)のツッコミ
 「陣中見舞いは何がいい?トドロキく~んはだんご好き。みたらし、ごまだれ、草だんご。」って、あんたは嘉門達夫さんかよ?って、さまぁーずの三村マサカズさん張りの突っ込みを入れたくなりましたよ。

■トドロキ(川口真五さん)とザンキ(松田賢二さん)の師弟関係
 魔化魍退治後のギター演奏について、さりげなくザンキが確認して理解してくれていましたね。どこかの会社だったら、頭ごなしに怒って終わりでしたが、流石は命を懸けた戦いを繰り返した戦士は違う!!

■ザンキと香須実の友人関係
 「もう少し近くで応援するってのはどうです?」(香須実)、女性ならでは言い回しの素敵なフォローですねぇ!そこまで言われるとザンキ的にも「体がついていかない」っていつまでも言っていられなくなりますね。

■対アミキリ戦
 アミキリってザリガニじゃないの?って思いましたが、いきなりヘリコプターの飛ぶような音が聞こえたかと思うと空に飛び立とうとしてビックリ!それを物理学を無視して轟鬼が抑えて飛ばない様にしていると響鬼が前々回に試験していた武器を駆使してアミキリの羽根を切り落としてくれました。そして、ザンキがを音撃弦を投げてトドロキが「雷電激震」で留めをさしました。
 その後の師弟の会話は本日の集大成になっていました。更に、お笑いの要素を忘れていない響鬼は、海に落ちたついでに、頭にワカメを乗っけて上がって来て笑わせてくれました。

| | コメント (2) | トラックバック (18)

死刑制度について

「13階段」(作者:高野和明さん)を読みました。

 内容は「死刑」がテーマになっていますが、作者の表現力で非常に分り易くなっています。特に「死刑」の矛盾点や「死刑」に係わる方々の苦悩については非常に考えさせられました。

■死刑の分岐点
 ・殺人の人数が
  1)1人の場合、無期懲役
  2)2人の場合、
    「改悛の情」がある場合、無期懲役
    「改悛の情」がない場合、死刑
      ※矛盾点:「改悛の情」を本当は他人には判断できないのに、
       「改悛の情」を基準にしている。
       「改悛の情」判断基準
         ・法廷で涙を流したかどうか
         ・遺族への賠償金の多く支払った
         ・拘置所に仏壇をつくった
         つまり、金持ちで涙もろい人は、死刑になりにくい。
      ※矛盾点:「改悛の情」を表現したくともできない状態の場合でも
       「改悛の情」が無いと見なされる。例えば、この著書の中では
       記憶喪失を例にしています。
  3)3人の場合、死刑

■加害者の経済能力
  経済能力の無い加害者が殺人を犯した場合
 ・民事訴訟で損害賠償を要求しても期待できない
 ・国の被害者給付金は約1千万円
   → 国の認めた人の命の値段は約1千万円と言う意味です
 ・国の被害者給付金の請求は2年経過すると請求できなくなる
 ・加害者の経済能力に関わらず、刑務所内にいるうちはご飯の心配はいらない

■死刑の執行
 ・死刑が確定した後でも、心神喪失と認められれば執行が停止され、そのまま
 回復不能と判断されれば死刑は執行されない。
 ・死刑の執行は国会の閉幕中が圧倒的に多いのは、国会の開幕中に死刑を
 執行すると質問が集中する為です。更に内閣改造の直前が死刑の執行が特に
 多いのは、法務大臣が辞める直前に死刑執行の命令書にサインするケースが
 多いからです。選挙の際のイメージダウンにならない様にしたいんですね。

■恩赦の基準が無い
  恩赦は罪が確定している者にしか適用されない。
 昭和天皇が崩御された時に、恩赦を期待して死刑判決を争っていた数名の
 被告人が自らの上告や控訴を取り下げた事例があったそうですが、この時の
 恩赦は軽微な罪だけに限定された為に、結局自らの死期を早めてしまった。

■無期懲役について
  海外の終身刑とは違い、法律上は服役してから10年で仮釈放が可能であり、
 平均で約18年で仮釈放になっている。
  また、無期懲役の仮釈放が取り消しされた場合は、次に釈放されるのは誰に
 も分らない。その為に、この事例で自殺した方もいたそうです。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

感動した!!

本日、須賀川桐陽高等学校音楽部の「第11回定期演奏会」へ行って来ました。
 行った理由は大人の理由だったんですが、総合的な感想は「感動した!!」ですので、来年はかなり積極的に拝聴したいと思います。

 当初、「四角四面の演奏を聞かされて寝ないようにしなくちゃ」と思っていたのですが、意に反してというか想像よりも遥かにレベルが高くて、特に最後の吹奏楽部、弦楽部、合唱部合同の「栄光の架橋」の演奏中は涙を流さないように必死でした。ホント感動しました(注:私の場合、オリンピックとは関係の無い理由で、この曲を聴くだけでも感動するのですが、今回は+α効果があったので尚更です)。
 多分、というより絶対、この演奏会の為に生徒の皆さんや顧問の先生方は毎日毎日準備で大変だったと思いますが、この様に感動的な演奏会になって、さぞ達成感があったと思います。そのような気持ちを大切に、これからも頑張って頂きたいと思います。

geiei010

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仮面ライダー響鬼 かき鳴らす戦士

今回の仮面ライダー響鬼のテーマはお笑いかな?

■轟鬼の魔化魍のバケガニ退治3連勝
 ディスクアニマルが轟鬼と同じ動きをしていたのが笑えた!

■お母さん(水木薫さん)と安達明日夢(栩原楽人さん)
 「やめてけれ、ゲバゲバ・・・」って、お母さん古すぎ・・・

■ヒビキ(細川茂樹さん)と立花香須実(蒲生麻由さん)
 ・「借りてるバイクだから張り切り過ぎて壊さないでね」(香須実)に言われた側から、ヒビキは犬に気を取られてバイクから手を離してしまい、香須実一人でバイクを支えていましたね。ヒビキ、おいおい。って、つっこみが入っているよ。
 ・「相変わらず、バイクをちゃんと止められないんだから・・・」(香須実)って、仮面ライダーなのにバイクの扱いがダメなの?

■トドロキ(川口真五さん)と立花勢地郎(下条アトムさん)
 ・力をつけるのに団子ですか?トドロキは桃太郎かよぉ!
 ・「日菜佳と一緒にいるときも君はそんな感じなのかい?」(おやっさん)って、言われた後のシドロモドロは最高です!

■トドロキと持田ひとみ(森絵梨佳さん)、明日夢と立花日菜佳(神戸みゆきさん)
 ・三倉茉奈・佳奈さん達のように、台詞を同時に重ねて言う掛け合いは笑えました。

■トドロキの四か条
 ・一つ、常に平常心でことにあたるべし
 ・一つ、常に力まず自然体を心がけるべし
 ・一つ、常に周囲に気を配り視野を広く持つべし
 ・一つ、常に笑顔を忘れず女性にはやさしく接するべし
  今回の中で一番笑えたシーンでした。

■トドロキと童子、姫
 「ここから先は一歩も通さん!」(トドロキ)って言った直後に、反対側に飛ばされてるし。童子か姫があの親子を追いかけて襲ったらどうするつもり?

geiei007

| | コメント (2) | トラックバック (10)

世界の絶景100選Ⅳ

いやぁー!知らない絶景ってあるもんですねぇ。
 司会:内藤剛志さん、久本雅美さん
 審査員:八千草薫さん、大竹しのぶさん、船越英一郎さん、さまーずさん
 世界の絶景100選は初回から見ていますが、今回ほど意外性があった絶景は初めてでした。

■モナコ公国「世界で最も高級な風景」/リポーター:菅野美穂さん
  ・上空から見たコートダジュールとモナコの街並み。
  ・海上から見たモナコのオレンジ色の夜景。
  ・500mの岩山の上からモナコ全体を見渡す風景。
■韓国「海と滝が似合う風景」/リポーター:ユンソナさん、田中美里さん
  ・ナミソムの並木道。冬のソナタの撮影場所だそうですが・・・
  ・幻の都「水原華城(スウォンファソン)」。世界遺産だそうですが・・・
  ・済州(チェジュ)島の正房瀑布(チョンバンポッポ)。
     →滝そのもの映像は別途撮影されたものをユンソナ達が行った時に
撮影したように見せているのは如何なものかと・・・
■ノルウェー「氷河が創り出した大自然のステージ」/リポーター:武田真治さん
  ・ショースの滝、360度いろんなところに滝が見えるのは滝好きの私にはたまらない風景でした。
  ・世界最長204Kmのフィヨルドの風景。
  ・大自然のステージ(断崖絶壁、高さ約600m)「プレーケストーレンPreikestolen」。直に見て見たい!!
■バヌアツ「南太平洋に輝く神秘の湖ブルーホール」/リポーター:羽田美智子さん
  ・ヤスール火山の噴火口。実際の噴火風景は綺麗でしたが、ちょっと怖いなぁ。
  ・シャンパンビーチのエメラルドグリーンの海岸線。
  ・空よりも青い神秘の湖ブルーホール。ラピスラズリの成分が溶け込んでいるから青いそうです。
     →険しいジャングルを歩いてそこまで行ったような設定でしたがが、ブルー
      ホールに到着する少し前の映像にはしっかりと自動車の轍が見えて
      いましたので、ジャングルを歩いたロケとブルーホールのロケは別に
      撮影したようですね。
      この手の行為は番組作成上必要悪なのかもしれませんが、そこへこれ
      から行きたいと思っている人のことを考えるとどうなんでしょうかね?
■中国「万里の長城の知られざる風景」/リポーター:黒沢年雄さん、はしのえみさん
  ・八達嶺長城(高さ8m、幅6m)、万里の長城で一番有名な個所だそうです。
  ・司馬台長城、万里の長城で最大の難所だそうです。
  ・万里の長城の東の果ての風景。それは海でしたって、冷静に考えれば当たり前かぁ!期待していた分・・・

 もし、私が選ぶとしたらノルウェーのフィヨルドですね。様々な季節の風景を見て見たいと思いました。

geiei009

| | コメント (0) | トラックバック (1)

トランヴェールをご存知か?

 トランヴェールという雑誌をご存知でしょうか?
東北新幹線に乗って椅子に座ると前の網ポケットに入っているあの雑誌です。
(他の新幹線にもあるかどうか知りませんので、ご存知の方お教え下さい。)
 以前は東北新幹線に乗った際の暇つぶし程度の存在でしたが、今は最大の楽しみになっています。その大きな理由は、大河ドラマ「義経」のお陰かなぁ?と思っています。元々、東北地方の魅力に気付いていましたが、「義経」がより身近に感じさせてくれていると思います。こういったきっかけが出来るとテーマが別の地方であっても大変興味深く雑誌を見ることが出来るようになりました。
 ちなみに、6月号は山形県の慈恩寺と立石寺(山寺と言った方が有名ですよね!)ですが、特に仏像の美しさと力強さには圧倒されました。実物を見たいという気にさせてくれます。

注:私はJR東日本の関係者ではありません。勿論、JR西日本の職員でもありません。


geiei002


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »